ギランバレー症候群闘病記録

ギランバレーと闘ってる方、これから闘う方、ギランバレーの方のご家族、ギランバレーの患者さんとともに闘っている医療業界の方向けです。

1年

こんばんは。

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

前回の投稿から随分と期間が開いてしまいました。

みなさまいかがお過ごしですか?

 

最近多忙を極めておりますが、

今日だけはどうしてもブログを書いておきたかったので、

久しぶりに更新いたします。

 

 

一年前の今日、夜10時半頃に救急外来を受診。

その場でギランバレー症候群の可能性があるため、即入院を言い渡されました。

あれから早いもので一年間、あっという間でした。

 

今は多少後遺症が残っておりますが、日常生活には特に困らず

スポーツもすることができるようになりました。

(入院、闘病生活のせいで筋力と体力が落ちましたが・・・)

 

世間一般では健康な人と見なされ、良い意味で特別扱いもされなくなりました。

ほぼ完治まで1年、みなさまにとって長いのか短いのかはわかりませんが、

私にとっては長かったように感じます。

 

様々なことを体験し、出会いと別れもあり、自分の人生の中でも一番濃い一年でした。

また辛いことも多々ありましたが、自分にとって貴重な経験ができて、

病気になることは一概に悪いことだけではないと思いました。

 

同時に、この一年間は間違いなく人生におけるターニングポイントだった思います。

今自分が生きている意味、今後どのような人生を歩みたいか、今自分にできることと、これからやらなればいけないことは何か などなど

多くのことを考え、時には悩んで落ち込んでいました。

 

多くのことを考え、答えが出ない疑問もたくさんありましたが、

一つ決心したことは

毎日楽しく生きよう

です。

 

夜眠る時に「今日は楽しかったなあ」って思いながら眠りにつきたい。

その毎日が積み重なって、人生が終わる時に

「良い人生だったなあ」って思いながら永遠の眠りにつきたい。

 

だから私は、これからの人生、楽しいと思える毎日を過ごしたいです。

 

 

これからも不定期ながらブログを続けたいと思います。

よろしくお願いします。

 

最後になりましたが、読者の皆様にとって、2018年が最高の年になるよう祈ってます。

 

 

 

2018年1月5日 Tian-Tian