ギランバレー症候群闘病記録

ギランバレーと闘ってる方、これから闘う方、ギランバレーの方のご家族、ギランバレーの患者さんとともに闘っている医療業界の方向けです。

投薬から退院まで

こんばんは。 たくさんの方がブログを読んでくださっているみたいで、とても嬉しいです。 コメント残していただけると、なお嬉しいです。 今回のブログで一応退院まで纏めようと思います。 とは言っても、グロブリンによる治療の後は痛みとの闘い、そして激…

最近

おはようございます。 6月1日より復職し、時短勤務ではありますが現在毎日仕事に行ってます。 まだまだ体力も戻らず、1日仕事して帰ってくるとヘトヘトではありますが、まずは復職という目標を達成することができました。 ブログの更新が中々できなくて申し…

現状とこのブログの方向性について

こんばんは。 長いこと更新せずに申し訳ありません。 僕は元気です。元気で忙しくしております。 前回の記事の続きですが、いずれ纏めてアップしようと思ってますので、今しばらくお待ちください(続きを待ちわびてる方がいらっしゃるのかは疑問ですが…)。 さ…

投薬とその後について

ギランバレーには主に二つの治療法があると聞きました。 一つは免疫グロブリン大量療法というもので、血漿から抽出された薬を5日間連続で点滴する方法。 もう一つは血漿交換療法というもので、主治医からは透析のようなものとの説明を受けました。(実施して…

足の痛みについて

ギランバレー症候群になった方の多くは手足に力が入らない、という症状が出るようですが、手足が強く痛むという症状はあまり聞きません。 ギランバレー経験者の方のブログや、病院で知り合ったギランバレー患者の方でも、四肢の痛みを訴える方は比較的少ない…

診断から投薬治療まで

ギランバレー症候群という診断をされてから、グロブリンによる治療を行うまで2週間弱間が開きました。 というのも、入院直後は比較的元気だったのです。 手足が痺れ、温度感覚がなくなってはいましたが、脱力はなく、自分の足で歩くどころか、走ることもでき…

症状のまとめ

こんばんは。 前回の記事で、入院初日の検査と診断について書きました。 本日は入院してからのことを書く前に、僕の身体に出た症状をまとめて書こうと思います。 症状は以下の通りです。 ・手足の痺れ ・手足の痛み ・手足の温度感覚の麻痺 ・味覚障害 ・顔…

入院初日

入院初日(1月6日)は検査をしました。 内容は ・神経伝達速度検査 ・髄液検査(ルンバール) です。 朝ご飯を食べ終わると主治医、担当の先生(レジデント)、研修医の先生が部屋に来て、今日の検査について話してくれました。 午前中に髄液検査、午後に神経伝達…

発症から入院まで

一番最初に体調に異変があったのは2016年12月31日でした。 朝起きた時少し身体がだるかったのです。 しかしそこまでひどくなく、外出もできる程度だったので、年末の疲れが溜まっていたのかな 程度にしか思っていませんでした。 31日、1月1日と多少の倦怠感…

ギランバレー症候群になりました。

こんにちは。はじめまして。 2016年の年末からギランバレー症候群という病気になり、現在もリハビリをしながら自宅療養中のサラリーマン(休職中)です。 このギランバレー症候群に自分がかかったとわかった時、ネットで情報を集めまくりました。 大学病院や研…